作者別: mrfishfinder

肌トラブル改善にはどれくらいのお金が必要なの?

たくさんの肌トラブルが一気に改善するフォトフェイシャル。アインチエイジングにも効果があり、きれいな肌に憧れるたくさんの人が興味を持っているかと思います。一方でいくらくらいのお金が必要になるのか気になる人もいるのではないのでしょうか?

通うクリニックによって値段設定は異なる

フォトフェイシャルは医療行為なので、専門のクリニックなどで行われます。美容クリニックや皮膚科などで取り扱われていることがほとんどです。クリニックによって技術にばらつきがあり、それにともない値段設定も異なります。

1回の施術につき1万?5万円ほど。値段の相場の幅が広く、クリニック選びに悩んでしまうかもしれません。また、パーツや治療したい部分の広さによっても値段は異なってきます。

施術を行うのが医師でなく看護師であるのに高い料金を支払う必要はありません。料金が高いからといって質の良い施術を受けられるとも限らないので、口コミなどを参考にしましょう。

治療を完了させるためには何回か通院しなければならない

改善させたい肌トラブルの治療を完了させるためには数回クリニックに通わなければなりません。通常5?10回通うのが目安とされています。通う回数の基準もクリニックによって異なります。

通院の頻度は肌のターンオーバーに合わせて決められます。だいたい月に1度くらい通うのが最適と言われています。

1回の施術が1万?5万円で、それを5回以上通うとなると結構なお金になります。予算とどのレベルまできれいになりたいかを考えてクリニックを選びましょう。

クリニックによって質も値段も大きく異なるフォトフェイシャル。どこに通院するかは値段と施術の質で判断すべきです。

美容のための治療は医療行為なのでクリニックで受けた方がいい

メニューの中に「フォトフェイシャル」とうたっているエステサロンもあります。しかしエステでのフォトフェイシャルはクリニックでの施術とは大きく異なります。エステは値段が安く押さえられるという特徴もありますが、どうしても技術の面ではクリニックに劣ってしまいます。

フォトフェイシャルは医療行為

基本的にフォトフェイシャルは医療行為です。専門の知識を持った医師だけが施術をできます。使用される機器も医療目的で作られたものです。高い技術がなければきちんとした施術はできません。

エステで行なわれているフォトフェイシャルは光の出力が弱く設定されています。そのため効果もあまり期待できません。

エステシャンは医師ではないため、どうしても知識が浅くなってしまいます。確かにしっかりと学び、技術を磨いてきたとしても医師に及ぶことはできません。

高い効果を期待するならクリニックで受けた方が安心

しかしエステでのフォトフェイシャルは値段が安くなるのが魅力的です。予算の都合であまりお金をかけられず、それなりの効果でも満足できるのであればエステでも十分かもしれません。

より高い技術を求めるのであればクリニックの方が確実です。エステよりもしっかりとした治療が受けられ、効果も実感できるでしょう。

フォトフェイシャルは施術による炎症や肌トラブルなどが起きる危険性が低いと言われてはいます。しかし万が一何か起きてしまった時、クリニックの方が安心です。すぐに医師の診察が受けられ、適切な処置をしてもらえます。

値段が安いエステも魅力的ではありますが、より高い効果を求めるのであればクリニックの方がおすすめです。フォトフェイシャルは医療行為であり、施術を行うには高い技術と専門の知識が必要になってきます。

本当に安全?副作用はないの?

美容のための治療であるフォトフェイシャルには副作用はないのでしょうか?

レーザー治療などだと肌トラブルを改善する過程で一時的に症状が悪化したように見える場合もあります。人目が気になってしまう人もいるようです。

一方でフォトフェイシャルは副作用の心配はありません。

施術の後にすぐメイクや洗顔ができる

フォトフェイシャルは肌に優しい光だけを照射します。比較的安全で、副作用がほとんどないのが特徴です。施術の後はすぐにメイクや洗顔もできてしまうほど。

しかしやはり光を使う治療なので、施術者には高い技術が求められます。肌の状態を見て光の出力を調節できる人でないと、炎症や火傷を起こしてしまう危険性はあります。

そのためクリニック選びは慎重に行うようにしましょう。看護師ではなく医師が施術を行うようなクリニックがおすすめです。エステでも取り扱われていることがありますが、知識が浅く、クリニックよりもトラブルが起こるリスクが高いということを念頭においておきましょう。

一時的にシミやソバカスが濃くなることもある

レーザー治療の場合シミやソバカスが濃くなって、剥がれ落ちるまでの間気になってしまうことがあります。

フォトフェイシャルも沈着したメラニンに作用するため一時的にシミやソバカスが濃くなることはあります。しかしレーザー治療ほど目立つものではなく、メイクで隠せる程度の場合がほとんどです。そして濃くなったシミやソバカスは自然に剥がれ落ちていきます。

フォトフェイシャルは肌に優しい光だけを使っているので、副作用はほとんどありません。しかしクリニック選びを間違えてしまうとトラブルの原因になります。安心して利用できるクリニックを選びましょう。

フォトフェイシャルとレーザー治療の違いは?

光を使った治療というと、フォトフェイシャルだけでなくレーザー治療を思い浮かべる人もいるかもしれません。この二つはどのように異なるのでしょうか?

大きく異なる点は、改善できる肌トラブルの幅にあります。

気になるところを一点集中するレーザー治療

レーザー治療では肌トラブルの気になっているところを集中的に治療していきます。1回の施術で大幅に改善してしまうこともあり、全体の料金も安くなることがあります。

しかし肌への負担が大きく、治療の後はしばらく傷のようなものが目立ってしまいます。肌トラブルが改善されていく過程で一時的に悪化しているように見えてしまうだけなのですが気になってしまうという人もたくさんいます。

また、狙ったところに集中的に光をあてるための高い技術も必要になってきます。適切なレーザーを照射できる判断が施術者には求められます。

たくさんの肌トラブルを改善してくれるフォトフェイシャル

肌の奥深くまで光を通し、コラーゲンの生成を助けてくれる効果もあるのがフォトフェイシャル。メラニンの沈着によってできてしまったシミやソバカスだけでなく、肌のハリを取り戻してくれます。

たるみなども改善し、みずみずしい肌を取り戻すこともできます。アンチエイジングにも効果が期待できるということです。施術を受けることによってたくさんの肌トラブル改善が期待できます。

一方で治療を完了させるためには何度か通院しなければなりません。そのため費用もかさみます。

一見似ているように見えるフォトフェイシャルとレーザー治療。しかし二つは使用している光も異なり、改善できる肌トラブルの特徴も異なります。どのような症状を治療をしたいのかによって使い分けましょう。

こんな効果が期待できるフォトフェイシャル

いつまでもツヤ・ハリ・透明感のあるきれいな肌でいたいと、誰もが思うこと。フォトフェイシャルによってたくさんの肌トラブルを改善することができます。肌が一段ときれいになって自信も持てるようになるかもしれません。

シミ・ソバカスの治療について

フォトフェイシャルが最も効果を発揮できるのが、シミやソバカス対策。肌の中に沈着してしまったメラニン色素に作用してトラブルが改善します。

施術を受けた数日後、一瞬シミやソバカスが濃くなったように感じるかも知れません。肌の表面に浮き上がってきて、気になってしまうことも。

しかし心配する必要はありません。次第にはがれ落ちていき、シミやソバカスのないきれいな肌に戻っていきます。

シミやソバカスだけでなく、ニキビやニキビ跡の改善にも効果を発揮します。色素沈着を起こしてしまったニキビ跡がきれいになるだけでなく、肌の中でコラーゲンが生成されてニキビの跡の肌の凹凸も整います。

たるみや小じわを改善してアンチエイジング

フォトフェイシャルの光は肌の奥深いところまで浸透し、作用します。上記にあるようにコラーゲンの生成を助け、ターンオーバーを促します。

加齢によってどうしても肌の中のコラーゲンは減ってしまうものです。するとたるみやシワなどの原因になります。

施術によって肌の細胞が活性化され、コラーゲンが生成されるようになると、肌がハリやみずみずしさを取り戻します。たるみや小じわが改善されて、若々しい肌になります。

シミ・ソバカスだけでなく美白効果などもあり、さまざまな肌トラブル改善の効果が期待できるフォトフェイシャル。アンチエイジングにもなるため、今よりもっときれいになりたいという人たちから注目されています。